人の役に立つ仕事

柔道整復師や理学療法士などの仕事は、リハビリやマッサージなどを行なって人体の改善を試みます。そのため、専門の国家試験を合格しないといけません。ですが、多くの人の役に立ちたいという思いから、資格取得や就職に励む人が多くいるんですよ。また、これらの仕事に就くために必要な国家資格は専門学校に通わないと取れないのが特徴です。

福祉の専門職に就こう

男の人と女の人

理学療法士になろう《国家試験を取ることが大切》

理学療法士は、怪我や障害が原因で身体が不自由な人に対してリハビリプランを提供する仕事です。専門の国家資格を取得しないとなれないため、大学や専門学校に通って高い技術や知識を学ぶ必要があります。

READ MORE
婦人

理学療法士になりたいなら【専門学校に入学すべし】

理学療法士になるためには専門の養成校に通うことがとっても大切です。それをしていないと国家試験への受験条件が満たせないのです。そのため、自分に合った専門学校に入学してしっかりと知識と技術を学ぶことが試験合格の近道かもしれません。

READ MORE
勉学

医療関係の仕事に就こう【柔道整復師がイチオシ】

柔道整復師は専門の国家資格を取得しないとなれない職業です。専門の養成校に通うことも受験資格の条件なので、自分が勉強しやすい環境を選ぶことが大切になってきます。同じ医療系の仕事でも類似している職業があるので事前に確認しておきましょう。

READ MORE
メンズ

理学療法士の仕事に就きたいなら【国家試験を合格しよう】

理学療法士の国家試験を受けるためには、いくつか必要なことがあります。受験前に必要な情報をしっかり調べておきましょう。また、視覚障害などがある場合には試験方法が少し異なってくるので注意が必要ですよ。

READ MORE

人気の福祉職ランキング!

no.1

理学療法士

病院や介護施設のほかに、プロのスポーツチームで働けるなど仕事のバリエーションが豊かなのが理学療法士の強みです。ですが、怪我の症状によってはとても大変な仕事なのでしっかりとした知識と技術を習得して実践できるようになることが大切です。

no.2

臨床心理士

臨床心理士は心に問題を抱えている人にカウンセリングや心理療法をおこなう職業です。近年、精神病疾患に対して偏見が無くなったことから多くの人が目指している職業です。しかし、正規雇用をしてくれる求人が少ないのが現状で、非常勤の仕事を何箇所も掛け持ちしている人が多くいます。

no.3

柔道整復師

柔道整復師は柔術を元にした治療法を使って、打撲や脱臼などの治療を専門に対応してくれる仕事で、人間が本来持っている自然治癒力を高める施術を行なえます。柔術とは柔道の基盤になっている古武術で、武器を使わず投げる・打つ・組み伏せるなどの攻撃や防御を行なう武術です。そのため、専門学校多くは、授業の一環として柔道を取り入れているところが多いんですよ。

no.4

言語聴覚士

言語聴覚士は、普段生活していると中々耳にしない職業です。生まれつきの障害や脳疾患が原因で、話すことや聴くことに問題がある人に対して機能回復のリハビリを行なうのが仕事です。言語のみではなく食べることや飲みこむこともリハビリの対象になります。専門の国家資格を取れないとなれない職業ですが、介護の現場などにおいてニーズが高まってきている仕事のひとつでもあります。

no.5

義肢装具士

義肢装具士と聞いてもいまいちピンとこない人が多いかと思います。この仕事は、なにかしらの原因で手足を失ってしまった人や体幹の機能に障害がある人に対して、義肢や専用の装具を作ります。患者さんの採寸から、義肢装具を付けた際のリハビリまで対応します。介護や福祉の業界では注目を集めていて、年々人気が高まっている仕事なんですよ。

医療関係の仕事に就こう【理学療法士の国家試験に合格しよう】

教材

理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士と作業療法士は、どちらもリハビリを専門的に行なっている仕事です。ですが、その仕事内容には大きな違いがあるんですよ。理学療法士は、身体の基礎的な機能を回復させるためのサポートをしてくれます。また、スポーツリハビリの分野において、怪我をした部分の基本動作の回復を手助けてくれる役割を担っています。それに対して作業療法士は、食事や入浴など日常生活を送るときに必要な機能を回復させる手伝いをしてくれるんですよ。そのため、患者さんの趣味や好みを考えたリハビリ方法を提供してくれます。

国家資格を取得するのが大切

理学療法士など、福祉業界で重宝される仕事の多くは専門の国家試験を合格しないとなれません。国家試験を受けるためには、専門の養成学校に3年以上在学して知識と技術を学ばないといけません。そのため、ほとんどの人が高校卒業してすぐに専門学校に進学します。専門学校が昼間と夜間の両方があり、3年制のところもあれば4年制のところだってあります。3年制の学校は一回の授業の内容が濃密なので、焦らずしっかり勉強がしたい人は4年制のところに通うケースが多いようです。

広告募集中