医療関係の仕事に就こう【柔道整復師がイチオシ】

柔道整復師の仕事の特徴を詳しく解説!【国家資格を取ろう】

医療関係の仕事に就こう【柔道整復師がイチオシ】

勉学

柔道整復師になるには

柔道整復師とは、柔道を元にした施術方法で骨折や脱臼などの症状を改善する仕事をしている人を指します。また、国家試験を取得していないとなれない仕事なのが特徴で、専門学校や大学などで3年以上通って知識と技術を習得することが受験条件なんですよ。

仕事内容

柔道整復士が行なう施術の特徴は麻酔や薬を使わないことです。直接患部に触れ、症状を把握した上で患者さんとコミュニケーションを取りながら施術を行なっていきます。こうすることによって治癒力を高めて回復を進めていくのです。

間違いやすい職業

理学療法士と柔道整復師はできる仕事は異なります。ですが、どちらも身体の不調を治す仕事でなるための方法が同じなので、間違ってしまう人が多いようです。医療系の仕事に就きたいと考えているなら事前に業務内容の違いを把握しておく必要があります。

理学療法士と柔道整復師の違い

理学療法士

理学療法士は、柔道整復師のように患者さんに施術を行なうことができません。ですが、医療機関のほかに福祉施設での仕事があるので就職時に有利です。また需要が高い仕事なので、転職などのときでも職場選びが手軽にできますよ。

柔道整復師

理学療法士と柔道整復師の最大の違いは開業権があるかどうかです。柔道整復師は整骨院を開業する権利があります。そのため、病院ではなく自分で医院を開業する人が多くいるのが特徴なんですよ。

広告募集中