理学療法士の仕事に就きたいなら【国家試験を合格しよう】

理学療法士の国家試験を受けるなら【試験合格に必要な情報を紹介】

理学療法士の仕事に就きたいなら【国家試験を合格しよう】

メンズ

受験資格とは?

理学療法士は、専門の育成機関で3年以上知識と技術を勉強しないとなれません。それをしないと、国家資格の受験条件を満たすことができないのです。学校によっては3年制ではなく4年制のところもあるので、自分に合ったところを選んで受験を成功させましょう。

受験時の注意点

国家試験を受ける時にはある注意点があります。それは視力です。受験時に、視覚障害2級か、1級の場合には実地試験を行なうことはありません。また、試験問題の読み上げや点字などを行なって試験を受けることが可能です。また、視覚障害2級以下の人や弱視者に関しては専用の問題用紙と試験用紙を用意してくれています。しかし、視覚障害2級以上の人の場合は、運動学・リハビリテーション医学・理学療法・臨床医学大要・臨床心理学・の科目の試験を実技試験として受ける必要がありますよ。

受験内容

理学療法士の国家試験は筆記試験と実技試験のふたつを行なっていくんです。筆記試験は解剖学や病理学概念などの一般試験と臨床心理学や理学療法などの実地試験を実施します。基本的には実技試験は行ないませんが、視覚に障害ある場合には筆記試験時の実地試験の内容を口述と実技で試験します。

受験に必要なもの

国家試験を受ける時には、いくつかのものが必要です。

・受験願書
・証明写真
・養成校の終業見込証明書または卒業見込証明書
・受験手数料分の収入印紙
・返信用の封筒

これらのものを封筒に入れて試験会場で提出する必要があります。

国家資格を取るコツ

理学療法士の国家試験を合格するには、しっかり勉強することが大切です。ですが、ただ闇雲に勉強するのではなく、苦手克服や基礎を重点的に行なうことで、より知識が身に付くので合格率が上がりますよ。

広告募集中