理学療法士になろう《国家試験を取ることが大切》

《国家試験の受験が必須》理学療法士の仕事をリサーチ!

需要の高い専門職

最近、注目を集めている理学療法士は専門の国家試験を受けて資格取得をしないとなれない職業です。試験を受けるためには、専門学校に3年以上在籍して知識と技術を身に付けなければいけません。

大学と専門学校の違いとは?

大学

大学は専門科目以外に一般教養なども勉強します。そのため、理学療法士の勉強をしっかり行ないたい人には少し不向きかもしれません。ですが、理学療法士の勉強ができる大学は他の福祉関係の勉強ができる学科が併設されています。そのため、別の分野の人たちからさまざまな話を聞くことが可能です。また、専門学校よりも多くの設備を有している大学が多いので最先端の技術を学びたい人には最適ですよ。

専門学校

現場で多くの経験を積んでいる講師が指導してくれます。そのため、実践で役立つ技術を本格的に学ぶことが可能です。また、AO入試を行なっている学校が多いです。学力よりも人間性や情報伝達力を重視する傾向にあるのが特徴なんですよ。

理学療法士になろう《国家試験を取ることが大切》

男の人と女の人

動作の専門家になろう

理学療法士は、普段の生活に支障が出ないように個人に合わせたリハビリプログラムを提供する専門家です。歩く・寝返るなど日常生活には欠かせない動作の改善も行なってくれますよ。そのため、怪我や障害が原因で日常生活を上手く送れない人達にとって、とても大切な存在なんです。

さまざまな産業に結びつく仕事

理学療法士は、リハビリを専門的に行なう職業なのでさまざまな分野で活躍できる仕事です。福祉施設のほかに、プロスポーツチームの専属トレーナーになることも可能なんですよ。ですが、国家資格を取得していないと名乗れないため、多くの人が専門学校や大学に進学しています。

広告募集中